コリドラスはソイルで飼えるのか?

0

    数個前の記事でコリドラス✖️ソイル水槽はいけるのか?

     

    ということで、コリドラス水槽をソイルで立ち上げてみた記事をあげました。

     

     

    その後、どうなったかという話ですが、結論からいうと

     

    コリドラスはやっぱり田砂がいい!ということになりました。

    ソイル水槽はグッピー先輩たちへお譲り決定モードです。あらら。

     

    確かにソイルでもいけます。

    いけるんですが、かなりの上級者向け・・・?

     

    まず、コリドラスたちがもふもふしているので土が舞います。

    つまり、常に水が濁っているということ・・・。

    これはどう考えてもかわいそうですし、見た目もよくありません。

    稚魚数匹だとあまり濁りませんが、繁殖できるサイズのコリドラスは数匹で泥まみれになります。

    かわいそうなのですぐに田砂水槽へ戻しました。

     

    そして、やはり砂ごとエサを頬張り、いらない砂だけエラから出すという習性のコリドラスたちには

    田砂の方がそれをやりやすいよね。ということです。

     

    あとは、やっぱり底床の掃除を多めにやって、綺麗にしてあげないと病気になってしまいそうなのが気になります。

     

    ソイルで飼っている稚魚ちゃんズも大きくなったらメイン水槽に移すことになりました。

    何より、ソイル水槽のコリドラス、色がなんだかとってもソイルの色!!

    ソイルの黒い色に染まってしまって、本来のコリドラスの模様が綺麗に見えないという

    悲しい結果となりました・・・。とほほ。

     

    ですが、我が家にはグッピーという強い味方がおりまして、

    双子ソイル+底面フィルター水槽はグッピーを雄雌分けて飼育できる画期的な環境になっています。

    底床でもふもふしている稚魚ちゃんたちも大きくなったら底床デビューだよ!

     

    次にソイル水槽卒業して田砂に移す時に写真取りますね!

     

    これからソイルとコリドラスやりたいなあって思っている方の少しでも参考になれば嬉しいです。

    ソイルの扱いを熟知したソイルマスターの方ならうまく飼いこなしちゃうんだろうなあ。

    まだまだソイル初心者の私、もっとうまくなったらまた挑戦してみようと思います。


    アヌビアスナナを入れよう。〜水草の処理の仕方〜

    0

       

      こんにちは、今日は、水草の話をしたいと思います。

       

      水草、何を入れていますか?

       

      うちの水草も色々入れては見たんですが、

       

      やっぱり一番の人気はこの「アヌビアス・ナナ」です!

       

      アヌビアスナナ

       

      左がアヌビアスナナゴールデン、右がアヌビアスナナです。

      調べているとアヌビアスナナプチもあるみたいで気になっています。

       

      ゴールデンを入れると一気に華やかになっていいですよ〜!

       

      アヌビアスナナの何がいいかっていうと、やはり活着するという性質ですよね。

      流木や石に巻きつけて置くと勝手に根が活着していきます。

       

      底床に根を張っていくタイプではないので扱いやすいです。

      底面フィルターの水草に入れるんだったら相性バッチリですよね。

      水草のデザインをコロコロ移動したくなるタイプの人にもぴったり(ワタシです^^;)

       

      うちではよくドジョウやプレコが好きな位置に移動して使っているようです笑。

       

      そして、光があまりない環境や、CO2を添加しなくても育つため育てやすいです。

      急激に育つわけでなく、徐々に成長するので爆発的に増えないのもいいですよね。

       

      1ポットを買うと2・3株入っていることが多いので、まずは1ポット用意してみると良いかと思います。

      大きくなったら株分けしてさらに増やすこともできますからね。

       

      よく苔が生えるのですが、どうやらそれが良いみたいでオトシンクルスやプレコがよく葉の部分に吸い付いています。

      可愛いですよ^^

      根のところにコリドラスがこっそり隠れているのがコリドラス愛好者に人気なのもわかりますね・・・。

       

      隠れ家が足りない場合も、ナナをプラスしてあげたら喜びますよ。

       

       

      参考:チャーム

       

       

       

      あとは、マツモ。

       

      マツモは浮かべて置くだけでOK、勝手に増えます。

       

      マツモ

      増えに増えまくったマツモ

       

       

      勝手に増えます!そう、勝手に増えるんです。

       

      そりゃあもう、間引いても間引いてもどんどん増えます。

       

      ベタさんがよく刺さって寝てるので、まあうまいこといっているのでしょう・・・。

      マツモには水質浄化機能があるということなので期待して入れてみるのもいいかと思います。

       

      メダカの産卵用にはぜひ入れてあげてください。

       

      産卵するのにも使いますが、稚魚が親から食べられないように隠れるのにも使っている様子です。

      でも、環境があうと爆発的に増えますので初期導入時は物足りないかな?くらいにしましょう。

       

       

      そして、この画像のもう一つの爆弾はこの浮き草です。

       

      マツモともう一種類、水草がありますよね。そう、この黄緑のちっこいのです。

      これ、何に入ってたか忘れましたが、メダカパックみたいなのに一緒に入ってたんですよね。

       

      その時は葉っぱ1・2枚だったような記憶なのですが、

       

      気がついたら水草一面を覆うほどに増えていて、まさにテロ・・・!

      これこそ間引いても間引いても終わりを知らない浮き草テロです。

       

      できるだけ入れないようにする方がいいでしょう・・・。

       

       

      名も知らない水草、威力がすんごいです・・・。

       

       

      水草の植え方について。

       

      水草の種類が増えると一気に水草の印象が変わって嬉しいですよね。

      特にアヌビアスは印象的なため、小型水槽なんかはこれだけでレイアウトが完了するほどのインパクトがあります。

       

      水草を導入するときには、下処理が必要なんです。

       

      買ってきた水草はその日に入れずに、ロックウールなどついているものや痛んだ部分を全て外し、

      水を張った洗面器に入れたまま2・3日様子を見ましょう。

      それか、約1時間ごとに4・5回水を入れ替える方法もあります。

       

      時間は短くすみますが、入れ替えるのが手間と言えば手間・・・。

       

      専用の用品もあるのでうまく使うという手もありますね。

      参考:チャーム

       

      下処理の目的の一つは、残留農薬を抜くため。

       

      残留農薬は、ついたまま入れてしまうと生体が死亡してしまうリスクが大きいです。

      特にエビは農薬に弱いため、いとも簡単に落ちてしまいます。

      エビのいる水草に入れる時は特に注意してあげてください。

       

      無農薬の水草が売られていますので、一番安全なのは無農薬のものを買うことです。

       

      ショップで購入する際には、店員さんにエビがいるけど入れても大丈夫か、と確認すると良いでしょう。

      通販で購入する場合は農薬の有無が書いてあるため、確認して注文しましょう。

       

      もう一つは害虫の卵を駆除するためです。

       

      無農薬でも、貝の卵などを持ち込まないためにもまずは浸け置き洗いをしましょう。

      肉眼で卵の付着がないかを確認することも必要です。

       

      腐っている部分がないかも確認し、あれば取り除きましょう。

       

      植えた後も、水質の変化などで葉が落ちることがあります。

      溶けてしまった葉は水質汚染の原因になることもあるため、見つけたら取り除きましょう。

       

      JUGEMテーマ:アクアリウムブログ


      メダカが産まれました!

      0

         

        先日の記事で、メダカがどうしても繁殖しない!と嘆いていたのですが。

        やっとメダカが産まれてくれました。

        いやあ、ありがたいですね。

        親と一緒に入れていても大丈夫かな、と思って放っておいたのですが、

        コリドラスの稚魚が大きくなってきたため、そろそろ分けるか。

        ということになり、双子30cmキューブ水槽でわけわけすることにしました。

        その結果、メダカの卵がコリドラスの美味しいご飯になりました。

        いや、考えればわかることなんですが、浮かんでいるマツモに産んでくれたら助かるかなって。

        うちのメダカはなぜかウィローモスに産むのが好きで。

        コリドラスもウィローモスをもふもふするのが好きで。

        卵付きウィローモスごと小型水槽へ写した結果、無事に産まれましたよ〜!

         

        メダカは小型水槽への隔離、必須でした^^;

         

        JUGEMテーマ:アクアリウムブログ


        立ち上げソイル水槽1ヶ月後

        0

           

          間が空いてしまいました。今年の夏は暑いですね!

          皆さんは夏バテ、していませんか?

          熱中症にこれだけ気をつけた夏は初めてかもしれません^^;

          あまりに暑くて、外出が困難でしたので必要以外に外出はせず、

          大好きなアクアリウムショップ巡りも一旦お休みです。

          早く涼しくならないかなあ。

           

           

          さて、先日立ち上げたソイル+底床フィルターの水槽ですが、

          気がつけば稚魚コリドラス水槽になりました!

          そう、コリドラスたちが産卵し、孵化しました。

          初めてのことだったのでドキドキとハラハラでしたが、

          立派に成長してくれて涙涙・・・!

          小さい子はまだ落ちたりしますが、この子達はちょう元気です。

          コリドラス

          ちょいとぼやけてしまいました。

          動きが早すぎてなかなかブレずに取れませんね^^

          元気なのは良いことです!

           

          で、この水槽、先客がおりまして。

          白めだか

          前の記事で書いた白メダカさんたちです。

           

          卵をモスに植え付けてくれたのですが、そのモスにさっさとコリちゃん達がモフモフして

          あっという間に卵をたいらげましたとさ・・・!

          生まれる子だけ生まれればいいよね^^と軽い気持ちでしたが、

          これはいかん、メダカが死に絶える!と思い、次回以降に産んでくれた卵は別の小型水槽に隔離しました。

          いっぱい増えておくれ!

           

          なんだかメダカはなかなか繁殖しないんですよね。

          簡単だって、ほっとけば増えるって聞いたのにおかしいな笑

          グッピーは例に漏れず、爆誕しているんですがメダカはどうにも・・・。

          やっぱりビオトープが一番いいんでしょうが、今年のように暑かったり、また冬がくると寒かったりで

          外に行ったり中に入れたり、メダカさんたちにも大変そうなのでうちでは安定の水槽暮らしです。

           

          メダカを水槽で飼うのであれば、私のおすすめはやはり底床フィルター+ソイルですね。

          水流の強い外部フィルターや、ぶくぶくだと小型水槽では水流が強くなりすぎて体力が奪われるようです。

          外部フィルターもシャワーをつけて、水槽の壁に水を当てるようにすれば水流は収まりますが、

          メダカだけならそんなにコストをかけなくても、底床フィルターで十分かなと思います。

          ぶくぶくなくても大丈夫と言われているメダカですからそんなに濾過機能はなくてもいいのかなと。

          水面の揺れることによる酸素だけで十分だそうですが、

          水槽で飼うとなると外で飼うように水面が揺れませんし、止水域があるのも気になりますから

          底床フィルターにしています。

           

          何よりもコスパがいい⇦ここ!

           

          ソイルは消耗してきたら変えなくてはなりませんが、

          どうせ定期的に水槽いじりしたくなると思うのでそこは気にならないのでいいかな〜。

          ちなみに、底床フィルター推してますが外部フィルターも大好きです。

          実際メイン60cm水槽とグッピー水槽は外部フィルターを使っています。

          メインはエーハイム2213、グッピー水槽はテトラ社のものを使っています。

          臨機応変に、いいものを使っていきたいですよね!

          色々使ってみて、自分に合うものを探すのが楽しいんですよね!

           

          それでは、今日はこの辺で!

           

          JUGEMテーマ:アクアリウムブログ


          立ち上げから一週間

          0

             

            一週間経ちました。

             

            プラチナソイルだけでは足りなかったので、

            新しくコントロソイル パウダーを追加。

            

            参考:チャーム

             

            粒も小さくて良い感じです。

            水質調整機能を期待して、プラチナソイルの上に足してみました。

            そして完成したのがこちら!

             

            こりどら水槽

             

            (一眼レフに慣れたらスマホで綺麗に撮れなくなりました・・・)

            ちょっと白濁りしてしまいましたが、まあそのうち綺麗になるでしょう。

            やって見たかった底床フィルター+ソイルでコリドラス水槽。

            底床フィルターだけだと酸欠が怖いので、ぶくぶくを投入。

            水作さんのミニサイズが可愛くて好きです✨

            コントロソイルは硬いのでコリドラスがもふもふしても崩れないですし、

            立ち上がりが早いのがいいですね。

            今回は、カルキ抜きした水道水+メイン水槽の水で作っているので

            それもあると思いますが。

            ナナもゴールデンを入れたら一気に水槽が華やかになりました!

            コリドラスも綺麗に見える気がします。

            でも、もうちょっと隠れ家入れたほうがいいのかな?

            いじりすぎるのもかわいそうだからしばらくこのままにしていきたいところ。

             

            JUGEMテーマ:アクアリウムブログ



            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << July 2019 >>

            アクア用品なら

            チャーム本店

            selected entries

            categories

            archives

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM